月の裏側~地球からは見えないもう一つの顔

2016.08.30

シータ

こんばんは!今夜は十五夜ですね 。きれいに輝く月を眺めている方も多いでしょう。さて、今回はそんな月の「普段見えない」ところの話を見てみましょう。

 

私たちは夜になると月を見ることができますが、実は地球から見えるのはいつも同じ面だけで、月の裏側は地球からは決して見ることができないのです!これは、丁度「月が地球の周りを一周するのにかかる時間(これを「公転周期」といいます)」と「月自身が自転するのにかかる時間(これを「自転周期」といいます)」とが同じ長さ(どちらも大体27日)になっているため、有史以来、地球に向いている面はいつも同じなのです。

「裏側は絶対に見えない」なんて言われたら、月の裏側に何かあるんじゃないかと思うのが人間ですよね。実際、「月の裏側には宇宙人の秘密基地 がある」なんて話も昔はあったらしいですし、今でもSFのネタとしてはときどき見かけます。

さて、では実際に月の裏側はどうなっているのでしょうか。NASAが撮った画像 がありますので、どうぞ!

 

月の裏側圧縮_compressed

 

宇宙人の基地はなさそうですね(笑)それは置いておくにしても、普段見ている月とはちょっと感じが違いますね。まず、「月のうさぎ」 としても知られている、黒い部分がほとんどありません。月の表面の黒い部分は「月の海」と呼ばれていて、これは黒っぽい岩石(玄武岩)が集まっているために地球からでも黒く見えています。この「月の海」が、普段見ている表側にはたくさんあるのですが、裏側にはほとんどないのです。

http://blog.livedoor.jp/niwaka_map/archives/3612523.htmlより引用

http://blog.livedoor.jp/niwaka_map/archives/3612523.htmlより引用

また、普段見ている月と比べて、月の裏側はやたらボコボコしているように見えませんか?実際、月の裏側の方が表側よりも起伏はかなり激しくて、「月の中で一番高い場所(山のてっぺん)」も「月の中で一番低い場所(谷底)」も月の裏側にあります。

月の表と裏とで、こんなに性質が違うのは不思議ですね。この謎はまだきちんと解明されていない問題で、いろいろな説が出されています。ユニークな説としては、地球にはもともと月が二つあった(!)のだが、そのうちの片方の月がもう片方の月の後ろ側に衝突して、だから表と裏とでは性質が違うのだ、という説 まであります。

さて、最初に「月が片方の面しか見えないのは、月の公転周期と自転周期が一致しているからだ」と書きました。しかし、落ち着いて考えてみると「そんな偶然の一致があるものか」と思うに違いありません。もしちょっとでも二つの周期がずれていたら、例えば1000年もすれば地球から見える月の面は変わってしまうに違いありません。ところが、歴史の記録を紐解く限り、人類の見てきた月の面は常に今と同じ側なのです!とすると「自転周期と公転周期はたまたま同じだった」などという偶然ではなく、何か理由があって「自転周期と公転周期は同じになろうとしている」に違いありません。その理由とは一体何でしょうか?
月が地球に同じ面を向き続ける理由は、イメージとしてはだるま が倒れないのと同じです。だるまは重心が下の方にあるので、ちょっと押しても揺れるだけで、すぐに元のまっすぐのだるまに戻ってしまいます。さて、この様子を真上から眺めるとどうなるでしょうか?だるまの頭ばかりがずっと見えていて、おしりの方はずっと見ることが出来ませんね。これとまさに同じことが、月でも起こっているのです。月は丸いとよく言われますが、完全な球ではなく、ちょっと地球側の方向に引き伸ばされたラグビーボールのような形をしています。さらに、重さも均等ではなく、月の表側、私たちが普段見ている側、の方が少し重くなっています。そのため、重い側が地球に引っ張られて、常に地球には一方の面しか見えていないのです。

http://krip-report.jugem.jp/?eid=776573より引用

http://krip-report.jugem.jp/?eid=776573より引用

ここまで聞いて、「とすると、だるまが揺さぶったら頭から少しずれた部分も見えるように、月も多少は裏に近いところが見えるんじゃないのかな?」と勘のいい人は考えるかもしれません。これは大正解で、月も見えている面は常に揺れ動いています。これを「秤動」といいます。秤動によってどれくらい見える面が変わっているのかは、実際に動画で見て確認してください。思ったよりも月は揺れ動いているのだということが分かると思います。

 

月はただ眺めてもとても綺麗ですが、こういった月の不思議を知った上で見てみると、また違った面白さがあると思いますよ☆

画像出典:https://goo.gl/GLYMkJ

シータ 東京大学大学院総合文化研究科 博士課程3年

文化の研究はしてません。やってることは物理です!

@Perfect_Insider

カテゴリ一覧

さらに読みたい記事

一覧へ

Follow us

理系+では、理系分野に興味がある人に向けて様々な情報を日々発信しています。

最新情報はSNSアカウント又はメルマガにて受け取ることが出来ます。